アンジェリカ-Angelica-

アンジェリカ

苦みを含んだスパイシーな香り

「天使のハーブ」とも呼ばれるアンジェリカ。その名は、エンジェル(天使)を語源とするともいわれています。

古来より神聖な植物とみなされ、教会の儀式に用いられたり、病魔を追い払う万能薬として利用されてきました。

アンジェリカのエッセンシャルオイル(精油)は、根(アンジェリカルート)から抽出したものと、種子(アンジェリカシード)から抽出したものがあります。

そのなかでよく利用されているのは、アンジェリカルートのエッセンシャルオイルです。

原料植物: アンジェリカ

香りのタイプ: ハーブ系

アンジェリカオイルの効能・効果

心身にパワーがほしいときに

リラックス

心への効能

大きな不安に悩まされているとき、ストレスで気分が塞いでいるとき、精神的に疲弊しているときなど、心を静めるとともに心的疲労を取り除き、内面に力を与えてくれます。

体への効能

ホルモンの分泌を調整する働きがあり、生理痛や生理不順など女性特有のトラブル緩和に役立ちます。

また、発汗・利尿作用により体内に溜まった毒素の排出を促すほか、疲労回復にも効果があります。不妊症に用いられることも。

肌への効能

むくみやくすみなどの肌トラブルに有効といわれています。

アンジェリカオイルの利用法と注意事項

グッズ

利用法

芳香浴、マッサージ、吸入

使用上の注意

  • 妊娠中の方や糖尿病の方は使用を避けましょう。
  • 光毒性があるので、肌に使用したらその部分を日光に当てないよう注意が必要です。

ブレンドについて

ブレンド

相性の良いエッセンシャルオイル(精油)

カモミール・ローマン、クラリセージ、グレープフルーツ、ゼラニウム、タラゴン、バジル、ヤロウ、ラベンダー、レモンなど

相性の良い香りのグループ

ハーブ系のほか、柑橘系や樹木系

アンジェリカオイルをブレンドする際の指標

  • ノート : ミドルノート~ベースノート
  • ブレンドファクター : 2~4

含有する芳香成分

モノテルペン炭化水素類 α-ピネン、リモネン、σ-3-カレン、β-フェランドレン
オキサイド(酸化物)類 1,8-シネオール

アンジェリカオイルの価格例

ラ・フロリーナ 2,100円(1ml)
プリマヴェーラ 2,800円(1ml)
生活の木 3,600円(3ml)
パームツリー 2,500円(5ml)

∗価格は税別、2015年12月時点のもの

アロマオイルのイメージ画像

学名: Angelica archangelica

科名: セリ科

和名: ヨーロッパトウキ

主な産地: フランス、オランダ、ベルギー、ドイツ、ハンガリー

抽出部位: 種子と根

抽出方法: 水蒸気蒸留法

香りのタイプが同じ
ハーブ系のエッセンシャルオイル