ユーカリ-Eucalyptus-

ユーカリ

目の覚めるようなクリアでシャープな香り

コアラの主食としても知られるユーカリ。オーストラリアの先住民アボリジニは古くから、ユーカリの葉を万能薬として利用していました。

ユーカリには500以上の品種がありますが、エッセンシャルオイル(精油)として用いられるのはそのうちの一部で、一般的によく利用されるのはユーカリプタス・グロブルス(Eucalyptus globulus)という種類です。

他にも、ユーカリ・ラジアタ(Eucalyptus radiata)やレモン・ユーカリ(Eucalyptus citriodora)などがアロマテラピーに使用されます。(このページの情報はユーカリプタス・グロブルスに関するものです。)

ユーカリのエッセンシャルオイル(精油)は抗菌・抗ウイルス作用に優れていることで知られています。細菌やウイルスの繁殖、活動を抑え、カビやダニの増殖を防いでくれますので、お部屋の掃除にも適した1本です。

原料植物: ユーカリ

香りのタイプ: 樹木系

ユーカリオイルの効能・効果

風邪やインフルエンザが流行しているときに

リラックス

心への効能

クリアな香りで眠気を吹き飛ばし、モヤモヤした頭をシャキッとさせ、集中力を高めます。気持ちが高ぶっているときにはこれを鎮め、冷静さを取り戻させてくれます。

体への効能

強い殺菌効果があり、空気を浄化します。ユーカリの香りを部屋の中に漂わせておくと、風邪やインフルエンザなどの感染症予防になります。

呼吸器系によく作用し、花粉症による鼻水・鼻づまりなどの症状を和らげます。風邪のひき始めで喉が痛いとき、せきが出るときにも有効です。

肌への効能

血行を促進する作用があり、肌の血色をよくするとともに血液の滞留を改善します。また、皮膚にできた発疹や軽度のやけど、ニキビのケアにも用いられます。

アボリジニはユーカリを傷の治療にも利用していたといいます。

ユーカリオイルの利用法と注意事項

グッズ

利用法

芳香浴、アロマバス、マッサージ、スキンケア、吸入、ハウスキーピング

使用上の注意

  • 子供や妊娠中の方、高血圧の方、てんかんの方は使用を避けましょう。
  • 肌への刺激が強いため、使用量に注意して使用しましょう。

ブレンドについて

ブレンド

相性の良いエッセンシャルオイル(精油)

オレンジ・スイート、サンダルウッド、ジュニパーベリー、パイン、フランキンセンス、ペパーミント、メリッサ、ライム、ラベンダー、レモンなど

相性の良い香りのグループ

樹木系のほか、ハーブ系やスパイス系

ユーカリオイルをブレンドする際の指標

  • ノート : トップノート
  • ブレンドファクター : 2~5

含有する芳香成分

オキサイド(酸化物)類 1,8‐シネオール(ユーカリプトール)
モノテルペン炭化水素類 リモネン、γ‐テルピネン、α‐ピネン

ユーカリオイルの価格例

生活の木 600円(3ml)
ニールズヤード レメディーズ 1,000円(5ml)
メドウズ 1,500円(5ml)
enherb(エンハーブ) 1,900円(5ml)

∗価格は税別、2015年12月時点のもの

アロマオイルのイメージ画像

学名: Eucalyptus globulus

科名: フトモモ科

別名: ユーカリプタス

別名: ユーカリノキ

主な産地: オーストラリア、スペイン、ポルトガル、中国、南アフリカ

抽出部位: 葉

抽出方法: 水蒸気蒸留法

香りのタイプが同じ
樹木系のエッセンシャルオイル