ラベンダー(真正ラベンダー)-Lavender-

ラベンダー(真正ラベンダー)

フローラル調の清楚でさわやかな香り

古代ローマの人々も入浴に利用していたというラベンダー。その名は、ラテン語のlavare(洗う)に由来しています。

その爽やかでやさしい香りは世界中の女性に愛され、アロマの王道ともいわれるエッセンシャルオイル(精油)です。

スパイクラベンダーやラバンジンといった品種もアロマテラピーに利用されますが、最も香りがよいとされるのが真正ラベンダーです。(他の品種と区別するため、「真正」をつけて呼ばれます。)

原料植物: ラベンダー

香りのタイプ: フローラル系

ラベンダーオイルの効能・効果

安全で使いやすい万能の精油

リラックス

心への効能

すぐれた鎮静作用で心のなかにある不安や怒りを和らげ、気持ちを落ち着かせます。

ストレスで疲れた心を癒すとともに、うつ気味な精神状態の改善にも効果があるといわれます。就寝前に使用すれば、ぐっすり安眠できるでしょう。

体への効能

鎮痛作用を持ち、筋肉痛や頭痛、神経痛、生理痛などの痛みを和らげます。

また、風邪やインフルエンザ、気管支炎などの感染症の症状を緩和し、予防にも役立つということです。

肌への効能

皮膚細胞の修復を促す作用があります。日焼けや火傷を負った患部にはラベンダーオイルを含ませた冷湿布を。

肌への刺激も少なく、初心者でも使いやすいエッセンシャルオイルです。

ラベンダーオイルの利用法と注意事項

グッズ

利用法

芳香浴、アロマバス、マッサージ、スキンケア、ハウスキーピング、虫除け

使用上の注意

  • 月経を促進する作用があり、妊娠中(特に妊娠初期)の人は使用を避けましょう。
  • 低血圧の方が使用すると眠くなることがあります。

ブレンドについて

ブレンド

相性の良いエッセンシャルオイル(精油)

イランイラン、オレンジ・スイート、カモミール・ローマン、クラリセージ、サンダルウッド、ジャスミン、ゼラニウム、レモン、ローズマリーなど

相性の良い香りのグループ

フローラル系のほか、柑橘系やエキゾチック系

ラベンダーオイルをブレンドする際の指標

  • ノート : ミドルノート
  • ブレンドファクター : 5~7

含有する芳香成分

エステル類 酢酸リナリル
モノテルペンアルコール類 リナロール、テルピネン‐4‐オール、ラバンデュロール
モノテルペン炭化水素類 シス‐β‐オシメン、トランス‐β‐オシメン
セスキテルペン炭化水素類 β‐カリオフィレン

ラベンダー(真正ラベンダー)オイルの価格例

生活の木 600円(3ml)
ニールズヤード レメディーズ 1,200円(5ml)
メドウズ 1,600円(5ml)
enherb(エンハーブ) 2,600円(5ml)

∗価格は税別、2015年12月時点のもの

アロマオイルのイメージ画像

学名: Lavandula angustifolia

科名: シソ科

別名: 真正ラベンダー

主な産地: フランス、イギリス、イタリア、ブルガリア、オーストラリア

抽出部位: 花の先端、葉

抽出方法: 水蒸気蒸留法

香りのタイプが同じ
フローラル系のエッセンシャルオイル