パルマローザ-Palmarosa-

バラの香りを思わせるフローラル調の香り

「インディアンゼラニウム」の別名を持つパルマローザ。レモングラスの近縁種でありながら、そのエッセンシャルオイル(精油)からはゼラニウムやローズのような香りが漂ってきます。

パルマローザの精油にはモティア(C.martini var. motia)とソフィア(C.martini var. sofia)の2種類があります。このうちモティアの方がゲラニオールという成分を多く含有し、香りの質が高いといわれています。

パルマローザオイルはローズオイルに比べれば安価で、化粧品などの原料にも用いられ、香りが似ていることからローズオイルの代わりに用いられることもあります。

かつてはローズオイルの混ぜものにも使用されていたとか…

原料植物: パルマローザ

香りのタイプ: エキゾチック系

パルマローザオイルの効能・効果

女性のスキンケアに適したエッセンシャルオイル

リラックス

心への効能

心が不安に満ちて暗く沈んでいるようなとき、不安を抑え気分を明るくしてくれます。また、緊張状態にあるときにはこれを和らげ、心を落ち着かせてくれます。

体への効能

抗菌・抗ウイルス作用とともに、免疫機能を高める働きがあり、感染症の予防に役立ちます。熱を下げる(解熱)働きや、食欲増進効果もあるといわれています。

肌への効能

肌に潤いを与え、皮脂のバランスを整えます。乾燥肌や脂性肌のケアに適しており、フケの予防にも。皮膚細胞の再生を促す働きもあります。

パルマローザオイルの利用法と注意事項

グッズ

利用法

芳香浴、アロマバス、マッサージ、スキンケア

使用上の注意

  • 妊娠中の方は使用を避けましょう。(子宮の収縮を促すといわれています。)

ブレンドについて

ブレンド

相性の良いエッセンシャルオイル(精油)

イランイラン、オレンジ・スイート、カモミール・ローマン、サンダルウッド、ジャスミン、ゼラニウム、プチグレンなど

相性の良い香りのグループ

エキゾチック系のほか、フローラル系や樹脂系

パルマローザオイルをブレンドする際の指標

  • ノート : トップノート~ミドルノート
  • ブレンドファクター : 3~5

含有する芳香成分

エステル類 酢酸ゲラニル
モノテルペンアルコール類 ゲラニオール、リナロール
セスキテルペン炭化水素類 β‐カリオフィレン

パルマローザオイルの価格例

生活の木 600円(3ml)
メドウズ 1,800円(5ml)
enherb(エンハーブ) 1,900円(5ml)
ニールズヤード レメディーズ 3,000円(10ml)

∗価格は税別、2015年12月時点のもの

アロマオイルのイメージ画像

学名: Cymbopogon martini

科名: イネ科

別名: インディアンゼラニウム

主な産地: インド、マダガスカル、コモロ、インドネシア

抽出部位: 葉

抽出方法: 水蒸気蒸留法

香りのタイプが同じ
エキゾチック系のエッセンシャルオイル

香りの相性がよい
フローラル系のエッセンシャルオイル

香りの相性がよい
樹脂系のエッセンシャルオイル