ブラックペッパー-Black pepper-

ブラックペッパー

スパイシーで刺激的な香り

料理に使うスパイスとしておなじみのブラックペッパー。その歴史は古く、4000年以上も昔からインドで治療に用いられていたといいます。

ブラックペッパーのエッセンシャルオイル(精油)は、コショウの未熟な果実を乾燥させたものから抽出されます。(熟した果実は外皮をむいて、ホワイトペッパーとなります。)

体を温め、筋肉のコリを和らげるなど効能を秘めるブラックペッパーの精油ですが、刺激が強いため、肌につけるときなど濃度には十分注意して使いましょう。

原料植物: ペッパー

香りのタイプ: スパイス系

ブラックペッパーオイルの効能・効果

身も心も温まりたいときに

リラックス

心への効能

心を刺激し元気づけるとともに、冷めきった心を温めます。情熱を失っている人の心に働きかけ、活力を与えてくれます。

体への効能

血行を促し、体を温める作用があります。筋肉のコリや痛みを和らげ、手足が疲れているときにも有効です。

消化器系にも作用し、食欲を増進させたり、腸に溜まったガスの排出を促したりと力を発揮します。

肌への効能

血行をよくすることで、しもやけや打ち身などの症状改善に役立ちます。

ブラックペッパーオイルの利用法と注意事項

グッズ

利用法

芳香浴、アロマバス(足浴)、マッサージ

使用上の注意

  • 肌への刺激が強いため、低濃度で使用しましょう。特に敏感肌の方は注意が必要です。
  • 度を超えてたくさん使用すると腎臓を刺激するおそれがあります。

ブレンドについて

ブレンド

相性の良いエッセンシャルオイル(精油)

カルダモン、グレープフルーツ、サイプレス、サンダルウッド、フランキンセンス、レモン、レモングラスなど

相性の良い香りのグループ

スパイス系のほか、樹木系や樹脂系

ブラックペッパーオイルをブレンドする際の指標

  • ノート : トップノート~ミドルノート
  • ブレンドファクター : 2~4

含有する芳香成分

モノテルペン炭化水素類 α‐フェランドレン、リモネン、サビネン
セスキテルペン炭化水素類 β‐カリオフィレン
セスキテルペンアルコール類 β‐ビサボレン

ブラックペッパーオイルの価格例

生活の木 600円(3ml)
メドウズ 2,000円(5ml)
enherb(エンハーブ) 2,900円(5ml)
ニールズヤード レメディーズ 4,500円(10ml)

∗価格は税別、2015年12月時点のもの

アロマオイルのイメージ画像

学名: Piper nigrum

科名: コショウ科

和名: コショウ(胡椒)

主な産地: インド、マレーシア、マダガスカル、スリランカ、シンガポール

抽出部位: 果実

抽出方法: 水蒸気蒸留法

香りのタイプが同じ
スパイス系のエッセンシャルオイル

香りの相性がよい
樹脂系のエッセンシャルオイル

香りの相性がよい
樹木系のエッセンシャルオイル